映画

ホラー好きへ贈る映画【CABIN】レビュー

【CABIN】のあらすじ

バカンスを楽しむため、人里離れた森の小屋を訪れる5人の大学生たち。

何も知らない彼らは地下室で禁断の存在を目覚めさせてしまい、惨劇の幕が上がる―――!

【CABIN】のおススメポイント

「ベタなホラー映画あるある」が意図的に取り入れられており、登場人物たちはいたって真剣ながらどこかカラッと軽いノリでわいわい観られるドタバタホラーです。

ドタバタしながらも、ストーリーについていくための情報はうまく提示されていきます。この映画一本でしっかり起承転結まとまった美しい展開が心地よくもあります。

【CABIN】の成分表

「興味あるけどあまりにもエグいシーンがあったり二ッチすぎるネタがあるとついてけないな…」という方へ。個人的な目安ですがどうぞ。
グロ度 ★★★★☆ (血や臓物が派手に飛び散るシーンがある。)
性的表現 あり (下ネタはポンポン言う。直接的な性行為はぼかされている。)
シリアス度 ★★★☆☆ (登場人物達は必死だが、映画自体のノリは比較的カラッとしている。)
予備知識 何らかのホラー作品(映画やゲーム、漫画、小説など)にある程度親しみのある方が楽しめる。

 

※ここからネタバレを含みます 注意!

ここがオモシロい!【CABIN】

「ホラー映画のお約束」のようなはしゃぎ方をする大学生グループが山奥の小屋で過ごしている傍ら、謎の組織が逐一彼らの様子をモニタリングしている…という導入から、おおよそすべての伏線と謎を結末までに回収してくれる綺麗なつくりはやはり圧巻でしたね。謎の組織のガジェットも話が取っ散らかることなくすごくワクワクさせてくれます。

SCPやCoCTRPGに親しみがある人ならば特に散りばめられた小ネタにニヤニヤしっぱなしでとても楽しいですよ!(ヤク中の彼は一周回って完全に”探索者”で笑ってしまいます)

人間の暗い感情が絡まない爽快ホラーという斬新なこの映画は、各種配信サイトで簡単に見られますよ! おすすめです!

 

というかブルーレイディスクのパッケージや配信ページのキービジュアルがすでにちょっとネタバレなんですよね…

 

 

TRPGを始めてみたい方はこちらもどうぞ!